高脂血症を改善|症状に合った治療法を調べる

予防や改善のために

横になる女性

様々な体調不良の引き金に

高脂血症とは、血液中の悪玉コレステロールの量、または中性脂肪の量が、基準値を超えている状態のことです。具体的には、血液検査をおこなった場合に、悪玉コレステロールの数値が140mg/dlを超えた場合、あるいは中性脂肪の数値が150mg/dlを超えた場合に、高脂血症と診断されることになります。基本的には自覚症状はないのですが、高脂血症の状態が続くことで、様々な体調不良が生じやすくなり、それらの症状が出てくるようになります。たとえば、脂肪肝により肝臓の機能が低下したり、動脈硬化や高血圧により心臓や脳の一部が壊死したりするのです。したがって高脂血症は、こういった症状が出てくる前に治療を施すことが大事とされています。

生活習慣の乱れが原因

高脂血症は、遺伝が原因となっていることもありますが、ほとんどの場合は生活習慣の乱れが原因となっています。血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量は、脂質がしっかりと代謝されずに体内に残ることで増えていきます。そして脂質の代謝は、運動をすることで促進されます。したがって運動量を増やせば、高脂血症は改善されていきますし、脂肪肝や動脈硬化や高血圧などによる症状もおさまっていきます。ただし運動量を増やしても、脂質の摂取量が多いと、代謝が追いつかないこともあります。そのため運動量を増やすだけでなく、脂質の摂取量を減らす努力も必要となります。また、日頃からしっかりと体を動かし、脂質の摂取を控えめにしていれば、そもそも高脂血症にはなりにくくなります。