高脂血症を改善|症状に合った治療法を調べる

生活習慣病を予防する

先生とレディー

血中脂肪の異常に注意

健康の程度を示すバロメーターの1つに、血中脂肪の割合があります。血管の中ではコレステロールや中性脂肪などの脂質が血液に運ばれながら体内を循環していますが、これらの脂質の量が正常な範囲を超えて多い場合、これを高脂血症と呼んでいます。なお、中には正常な範囲を超えて少ない場合もあるため正式には両方の症状をまとめて脂質異常症と呼んでいますが、一般的な通り名としては高脂血症の方がよく知られています。高脂血症はこれといった自覚症状がないという特徴を持っています。しかし放置していると動脈硬化になりやすく、さらに心臓病や脳梗塞などのリスクも高まります。健康診断等で高脂血症の疑いが出た時は、特に症状がなくても早めに専門医の診断を仰ぐのが賢明です。

まずは食生活の見直しを

高脂血症は生活習慣病につながる症状の1つと考えられています。そのため改善するには生活習慣の見直し、特に食生活の見直しと適度な運動が欠かせません。食生活を見直すに際しては、まずは栄養バランスの取れた食事を摂るよう心がけます。特に獣肉に含まれる脂肪は摂り過ぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす原因となるので、魚中心、植物性脂肪中心の献立への転換が推奨されます。その一方で、悪玉コレステロールを減らす働きのある食物繊維はたっぷり摂るようにします。運動については、効率的に脂肪を燃焼させる有酸素運動が有効です。無理のない範囲で継続的に行うことが重要です。患者の間ではジョギングやウォーキング、水泳などが無理なく続けられるとして人気を集めています。