高脂血症を改善|症状に合った治療法を調べる

動脈硬化や血栓を招く血液

ナースと患者

高脂血症とは、血液中の脂質が増えてしまうことを言い、この状態が大きな病気を引き起こすきっかけにもなるのです。症状がないために気付く人も少ないのですが、一番いい方法は血液検査です。これで血液の状態が分かるので、高脂血症の疑いがあるときは予防を行っていくことが大切です。

Read More...

血液サラサラで健康に

カルテ

年々増え続けている病気の1つ生活習慣病は、偏った食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、過度のアルコール摂取、喫煙など文字通り生活習慣が影響して発症する病気です。しかし一口に生活習慣病といっても悪性腫瘍(ガン)や高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、肝臓病、腎臓病、骨粗鬆症、歯周病、メタボリックシンドロームなど様々な病気があります。そして加齢とともに生活習慣病を発症する人が増えていく傾向にあり、日本人の2人に1人の割合で発病していると言われている非常に身近な病気です。それでは生活習慣病の中から高脂血症という病気をピックアップして原因や症状、治療方法などについて説明していきます。

まず高脂血症とはどのような病気なのかというと、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が増える病気で、俗に言う血液がドロドロの状態になります。しかし高脂血症は自覚症状がなく健康診断で発見されることがほとんどです。高脂血症と診断された場合には症状がなくとも治療を行う必要があります。症状がないからと治療をせずに放置していると心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こすリスクが高まってしまいますので注意が必要です。高脂血症の治療は主に内服薬の服用と生活習慣の改善になります。特にバランスの良い食事が重要となり、コレステロールの高い食品は控え、青魚や大豆製品、食物繊維、ポリフェノールを多く含む食品を積極的に摂取します。食品以外ではDHAやEPAなどのサプリメントの服用も効果的です。

生活習慣病を予防する

先生とレディー

高脂血症とはコレステロールや中性脂肪などの血中脂肪の値が高過ぎる状態のことをいいます。自覚症状はないものの、進行するとさまざまな病気を引き起こすおそれがあります。予防や改善のためには食生活の見直しと適度な運動が必要です。

Read More...

予防や改善のために

横になる女性

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎることで、高脂血症となります。その状態が続くと、脂肪肝や動脈硬化などが引き起こされ、様々な症状が出てくるようになります。高脂血症は、運動不足や脂質の過剰摂取が原因となっていることが多いので、それらを見直すことで、改善されたり予防が可能になったりします。

Read More...